詳細情報 印刷用地図 最終更新日:2010/03/29
中妻観音堂 管理番号:03208S370011
中妻観音堂 画像はありません 画像はありません
中妻観音堂     
名称 ナカヅマカンノンドウ 
中妻観音堂 
種別 有形遺産(建造物等) 
住所 青笹町青笹32地割23番地 
TEL   FAX  
交通手段
 
説明 認定番号:11号
種別:有形文化遺産(建造物等)
所有者等:佐々木忠一郎
所在地:遠野市青笹町青笹32地割23番
推薦団体:青笹町地域づくり連絡協議会
【遺産の概要】
観音堂2間半×2間半 聖観音立像 木造 総高62cm明和7年(1770) 観音菩薩坐像 木造 総高20cm(勢至観音)。由来は明らかではないが、佐々木出雲の氏神であったという。南部氏が領主となってからは、中居林氏が領地内にある関係で信仰したものだと言われている。大正2年頃に廃社となったが、住民の崇敬が篤い。明和7年(1770)、天明7年(1787)の棟札(?)がある(『青笹村郷土教育資料』)。また、以前は31地割に立てられていたが、明治40年(1907)の水害により現在地に移されたとも言われている(『ものがたり青笹』)。一説には、元禄7・8年の凶作の餓死者を供養するために、明和7年(1770)に建立されたとも言われる。
 
ホームページ  
備考 地区:青笹、大別:有形 

お問い合せ先
名称   担当  
住所  
TEL   FAX  
E-Mail  
備考  

2019/10/24 05:20:56