詳細情報 印刷用地図 最終更新日:2010/03/30
篠神社と桜 管理番号:03208S370095
篠神社と桜 画像はありません 画像はありません
篠神社と桜     
名称 シノジンジャトサクラ 
篠神社と桜 
種別 複合遺産 
住所 小友町49地割121番地 
TEL   FAX  
交通手段
 
説明 認定番号:94号
種別:複合遺産
所有者等:佐々木定則
所在地:遠野市小友町49地割121番地
推薦団体:小友町地域づくり連絡協議会
【遺産の概要】
葛西の浪士がこの地に潜伏して旅人などを襲ったので、寛永5年(1628)南部家士杉岡如意勝嘉が説得して帰順させた後、寛永8年(1631)武器を地に埋め、その上に社を建てて篠権現と称した。種痘が行われなかった時代には疱瘡除疫神として近郷に名高く、参拝者が多かったという。維新後、土室神社と改称し少彦名命を祀るが、後に巖龍神社に合祀されている。桜は開拓記念として植えられたものと伝えられる。また『遠野物語拾遺』第56話には神像の後ろで眠ってしまった子供が姥神様に起こされた話が伝わっている。
 
ホームページ  
備考 地区:小友、大別:複合 

お問い合せ先
名称   担当  
住所  
TEL   FAX  
E-Mail  
備考  

2019/10/14 22:21:10